DK-15


FF式 レトロタイプ 自然対流ストーブ

SAIKAI DKタイプのストーブはこんな理由で誕生しました。
6年前、福島・裏磐梯で貸別荘を営む方が訪れました。
「10年前に薪ストーブを付けた別荘を始めたのだが、
近頃は体力も落ちて、薪を作れなくなってきた。
でも心を癒す炎はなくしたくないので、何とかできないか」との相談です。
輻射型暖房である薪ストーブの雰囲気をペレット供給で実現できないだろうか?
ここからスタートしたDKシリーズはさらに完成度を高め、
DK-15としてお届けします。


輻射・自然対流シリーズ
薪ストーブと同じように、炎が燃焼炉本体をじんわりと熱し、そこから放射される輻射熱と自然の対流により、ゆっくりと部屋中を暖めていきます。
燃焼炉天面も熱くなり、お湯を沸かしたり、じっくりと煮込み調理を楽しむこともできます。
温風ファンヒーターに比べ、暖まり始めるまで時間がかかる場合もありますが、逆に極寒地の広いスペースで、ファンの風が冷たく感じてしまう場所では、輻射熱による暖房で温めることができます。


輻射自然対流
◎燃焼炉本体が暑くなり、輻射熱の放射と自然対流でじんわりと部屋を暖めます。
◎本体天面は暑くなり、お湯を沸かしたり、調理もできます。

熱交換器で上部まで暖めます
本体上部の筒は煙突ではなく、熱交換器です。
内側を熱気が上昇し、高い位置までまんべんなく暖めてから排気されます。
熱交換器は継ぎ足すことで、二階以上へも延長できます。

※DK-15は炉台施工が必要です。
※DK-12は、2015年11月生産終了となりました。DK-15はDK-12の後継機となります。

メーカー名さいかい産業
暖房能力3.4~11.0kW
暖房目安20~50畳
燃料タンク容量20kg
燃料消費量1.0~3.2kg/h
熱効率85%
消費電力常時 30W
排気方式強制給排気方式(FF)
本体寸法約W480×D562(排気口除く)×H912(mm)
本体重量約108kg
定価380,000円(税別) ※設置工事費別途